2017秋冬コレクションまとめ 素材編その2 スパンコールやビジュー ヒト型プリントも

Posted on Posted in Blog, DESIGNLAB

お客様にものづくりのきっかけになればと思い、

コレクションのまとめのご提案を行っています。

世の中の情報化が進んで、このようなまとめの資料も

不要になってきているのではないかと

感じるのですがやはり視点はさまざまです。

コレクションのデザインをリマニアノワークスの視点で、

かみ砕いています。

2017秋冬コレクショントレンド素材、ファブリックのまとめです。

✴スパンコール✴

総スパンコール生地やスパンコール刺繍など

加工生地が目立つ中でスパンコールも多くみられた。

比較的に大粒のスパンコール使いが目立つ。

✴チェック✴

秋冬アイテムには安定のチェック柄。

今期は特にグレンチェックやタータンチェックで色味は渋めの配色が目立つ。

今年も秋冬ものの素材集めの有力候補です。

✴パッチワーク✴

全く違う表情の生地と生地を縫い合わせて仕立てたリメイク古着のような雰囲気。

パッチワークテクニックが目立つ。

✴ビジュートリム✴

ビジューを一定の間隔に並べて柄になるよう縫い付けているアイテムが多くみられる。

ビジュートリミングをすることで定番アイテムも新しい見え方になっていた。

ビジュー付きのニットは、価格を抑えて作れればよく売れるアイテムですよね。

秋冬のニットの量産もご依頼を受けております。

✴人間プリント✴

人間のイラストや実際の人物など様々。

特に多かったのは手の部分がモチーフになったプリント。

目を引くプリントですね。
インクジェットプリントで一枚でもプリントできてしまうので、
面白い図案で遊び心を入れられます。

 

 

おもしろ商品がなかなか見つからない

いままで買い付けの商品ばかりで展開、ハンドメイドのものづくりが追い付かない、

など少しおためしで量産してみてはいかがですか。

デザインラボでは、その悩みを解決します。

デザインラボの詳細ページはこちら

お仕事のご依頼やご質問やお問合せはこちら